もはや、無農薬・無肥料・無除草剤は当り前!

縄文農法の野菜は天然のタネしか使いません!

縄文農法 概要 

「けんこう農房」で実践する縄文農法は、耕さない(不耕起)、除草剤・農薬・肥料・F1種を不使用

とし、先祖代々から受け継がれ、種子消毒されていない固定種・在来種のタネだけを使い、

シカやイノシシたちをむやみに排除しない縄文時代の農耕スタイル。

 

活用する畑は、10年以上、放置されてきた丹波の里山にある休耕地。

不耕起ですが、畝は作ります。

草刈りはしますが、根こそぎ刈り取らず、野菜たちの邪魔にならない程度に根を残したまま放置しておきます。

肥料を撒かないから、虫たちが過剰に増えず、殺虫剤(農薬)を散布しないから過剰に減りません。

むしろ、適度に雑草と虫たちが存在する状態を確保することで、彼らが織り成す生態系が畑の肥料となり、

野菜たちの成長を育くむ土壌が形成できます。

通常の農作業と違って過度な介入はせず、毎月1回、成長しすぎた雑草や増えすぎた虫たちを管理するに留めること。

そして、収穫する野菜の1割を畑に残し、来年のタネとして再び活用できるよう自家採種し、固定種・在来種の温存を目指します。

育てる野菜は 種の野菜と季節野菜

赤キクイモ・秋ウコン・ヤーコン・生姜・ニンニクの5種の野菜は、私たちの免疫を高めてくれたり、

抗酸化作用が期待できる第7の栄養素「ファィトケミカル」が豊富な野菜ばかり。

収穫後はそのまま調理したり、乾燥させたあと粉に加工して自分専用のサプリとしても楽しめます。

5種の野菜は、香味成分が豊富でシカやイノシシたちが敬遠する野菜でもあるので、

季節野菜よりも育てやすい利点があります。

 

季節野菜は、丹波黒枝豆や黒田五寸ニンジンやえび芋、オクラ、本金時豆など。

収穫後は、摂れたて野菜にそのまま贅沢にかぶりつくもよし!

畑のすぐ隣にある豪華な「囲炉裏邸」の囲炉裏の上で網焼きにして堪能するのもよし! 

 

※「ファィトケミカル」とは、第7の栄養素であり、ポリフェノールやイヌリン・リコピン・クルクミンなど、植物中に存在する天然の化学物質のこと

 

縄文農法で栽培する縄文野菜の仲間たち

 

耕さない、除草剤・農薬・肥料・F1種を不使用とし、先祖代々から受け継がれ、

種子消毒されていない固定種・在来種のタネにこだわり、

月に1回、草と虫たちの生態系を再生させながら野菜づくりにチャレンジする縄文農法。

 

そんな縄文農法で育つ縄文野菜は、肥料を撒かないから不作の時もあり、自然が頼りだから天候によって枯れることもあり。

そしてなにより、固定種・在来種のタネだけを使うから、スーパーの店頭に並ぶようなキレイな見た目ではなく、

個性あふれる規格外かもしれません。

 

けれども、農薬(殺虫剤)も肥料も使わないから、栄養価満点、野菜本来の味が堪能できる付加価値だらけで、

私たちの健康に一役買ってくれること間違いなし!

 

そんな縄文野菜の仲間たちをご紹介。

 

 

 

ジンジャー姫(生姜)

ジンジャー姫(生姜)

ポカポカ太陽のようにいつも元気で、心と体を温めてくれる、ちょっぴり刺激的な縄文野菜のお姫様。ニンニクマンに恋心あり。曲がりキュウ太郎には目もくれないが、ときおり美容の大敵であるムクミ対策として、キュウ太郎を利用するずる賢い一面もあり

呑み助 秋やん(秋ウコン)

呑み助 秋やん(秋ウコン)

いつもほろ酔い、クルクミンパワーで秋やんと呑み助たちの肝臓を守る、酒好きの救世主として君臨する縄文野菜界の酔いどれ男。将来は、ナスがママ~とカレー専門店の経営を目論んでいる

ナスがママ~(なすび)

ナスがママ~(なすび)

じつはバツイチ。小さなことなど気にも留めず、在るがまま、ナスがママ。いつも大らかな性格で縄文野菜のお母さん的存在。心理カウンセラーの資格あり。夢は居酒屋のママになって、みんなの愚痴を聞いてあげたり、カウンセリングで癒してあげたり、自慢のナス料理を振る舞って、みんなに元気になってもらうこと

玉にキズ夫(タマネギ)

玉にキズ夫(タマネギ)

既婚者。一男一女の子どもあり。サラサラとストレートな物言いで、生のままでは刺激たっぷり、涙が出るほど挑発的。でも、この刺激こそアリシンであり、血液サラサラ成分なのだ。ただし、ホッコリ体が温まると、甘~い言葉を連発し、ついつい子どもに甘くなるのがたまにキズ。嫁からダメ出しされること多々あり

赤キクイモちゃん(赤菊芋)

赤キクイモちゃん(赤菊芋)

抗酸化作用が期待できちゃうポリフェノールとアントシアニン成分がたっぷりで、すぐに頬や全身を淡い桜色に染めちゃう夢見る夢子ちゃん。そんな照れ屋の一面あれど、血糖値を下げてくれるイヌリンが豊富で“食べるインスリン”との異名を放つ、糖尿病の強い味方! また、ポテトなのに糖質にはデンプンが一切含まれてないから低カロリーでスタイル抜群! ニンニクマンを陰で慕っており、ジンジャー姫とは恋のライバル

ヤーコン兄さん(ヤーコン)

ヤーコン兄さん(ヤーコン)

見た目はズッシリ、イモ兄ちゃんだけど、じつは根も葉も栄養価満点! 虫歯になりにくいフラクトオリゴ糖が整腸作用を整えて便秘知らず&ダイエットに最適な野菜だから女性にモテモテ。「男は見た目じゃないぜ!」が口グセ。なのに、未だに独身。縄文野菜界の良き相談役

丹波黒枝豆三兄弟(丹波黒枝豆)

丹波黒枝豆三兄弟(丹波黒枝豆)

丹波で有名な色黒三兄弟。“清く・正しく・美しく”がモットーで、色黒の正体は抗酸化作用が期待できるアントシアニン成分なのだ。そのうえ、ダイエットや美肌効果が高いオルニチン成分もたっぷり。さらに、何かとマメでメールの返信だけは縄文野菜界きっての早業だから、美魔女たちから熱い支持を受けている

曲がりキュウ太郎(きゅうり)

曲がりキュウ太郎(きゅうり)

物越し柔らかな優男。優柔不断で恋に奥手だが、水分豊富・知識豊富な学者肌。ジンジャー姫に恋い焦がれるが、未だに告白出来ずじまい。恋の相談相手はヤーコン兄さん

ニンニクマン(ニンニク)

ニンニクマン(ニンニク)

1片は小さいけれど、気は優しくて力持ち。ひと口食べたら100万馬力! ときどき臭う日もあれど、この臭いこそパワーの源、アリシンなのさ。野性味あふれる縄文野菜界のヒーロー。ただし、運動神経以外は単細胞でよくだまされる……

玉にキズ夫(タマネギ)

既婚者。一男一女の子どもあり。サラサラとストレートな物言いで、生のままでは刺激たっぷり、涙が出るほど挑発的。でも、この刺激こそアリシンであり、血液サラサラ成分なのだ。ただし、ホッコリ体が温まると、甘~い言葉を連発し、ついつい子どもに甘くなるのがたまにキズ。嫁からダメ出しされること多々あり